本当にアートメイク?自然すぎる最新3D・4Dストロークが人気!

4Dアートメイク

アートメイクをする上で一番気になるのが、仕上がりの「自然さ

「形」自体はキレイでも「塗りつぶし」や「べた塗り」では自然とは言えませんよね。

アートメイクは、ちゃんと自眉毛に馴染んで自然に見えるかがもっとも大切なポイントです。

眉アートメイクはすっぴんとのバランスが大事!

以前に比べると最近のアートメイクは自然に見えるものも多くなってきました。

初期の頃は「刺青(マジック)」レベルでしたが、最近は「眉毛ペンシル」程度の自然さにはなってきました。

ですがこの「ペンシルで描いてます」という感じは、すっぴんになると浮いてしまったりします。
4Dアートメイク
眉毛アートメイクはメイク時に合わせた入れ方なので、洗顔した際眉毛だけにメイクが残っているような状態になりなんだか不自然。

こうしたペンシルのようなテイストは、メイク時にはばっちり決まってもすっぴんになると途端に違和感が出てしまいます。

アートメイクをするなら、すっぴんでも不自然に見えない仕上がりにしておくのが無難ですが、薄く入れたからといって自然な立体感までは出せません。

自然に見える最新技術の4Dアートメイク

そこで今人気を集めているのが「3D・4Dアートメイク

最近主流になっているナチュラルなアートメイクはご存知の人も多いと思いますが、3D・4Dアートメイクはそれのさらに上を行く新しい技術。

3D・4Dは最新の技術を使って毛の1本1本を再現していく方法で、まるで本物の毛が生えているかのように見せることができる最新のアートメイク技術です。

この3D、4Dアートメイクは、これまでアートメイクの主流だったマシン彫りではなく、専用の針を使って一本一本の眉を再現しながら色を入れていく『手彫り』による手法。

マシン彫りのように塗りつぶし感がなく、立体的に毛並みを再現することができるため、すっぴんでも違和感がなく、アートメイクと気づかれることもないほどに自然です。

3D・4Dストローク眉の実例

実際に3D・4Dアートメイクを施術した人の例です。

アートメイク眉

アートメイク眉

アートメイク眉

アートメイク眉

2D、3D、4Dアートメイクの違い

一般的に2D、3D、4Dアートメイクの違いは以下です。

2D
マシン彫りで色を埋めていく手法。ペンシルで描いたような、ふんわり眉に仕上がります。メイク感を出したい人におすすめ。

3D
一本一本の毛並みを再現する手彫りによる手法。自然なナチュラルな自眉を演出したい人におすすめ。

4D
2Dと3Dを合わせた手法。眉頭は毛並みを再現し、眉尻はふんわりに仕上げたい場合におすすめ。また、毛がまったくない箇所に自然な毛並み感を出したい場合には、パウダー彫りを合わせることでより自然に仕上げることができます。

ただし、この2D、3D、4Dの定義はクリニックによって異なります。

例えば、『銀座よしえクリニックの3Dアートメイク眉』と、『Mビューティークリニックの4Dストローク眉』は、メニュー名は違いますが内容は同じです。

細かい仕上がりやメニューについては、クリニック毎のメニューを確認する必要があります。

いずれにしても、この3D・4Dアートメイクはリアルな毛の流れまで再現できるため、当然すっぴんになっても違和感がなく、自然でアートメイクだと気づかないほどです。

3D・4Dストロークが可能なアートメイククリニック

現在、都内で3D・4Dアートメイクを導入しているクリニックは「銀座よしえクリニック

4Dアートメイククリニック

(→ 公式ページ

こちらのクリニックはトータル美容クリニックとして痩身やエイジングケアなどを得意とするクリニックですが、

アートメイクの技術も非常に高く、アートメイクだけで年間1000人以上が利用しているという人気のクリニックです。

中でも人気のメニューが3D刺繍眉(4Dアートメイク技術)

これまでのアートメイクとはレベルの違う、リアルな毛の流れまで表現することができます。

まさにスッピンになっても違和感のない自然な眉毛を再現!

カラーバリエーションは日本人の顏に合うブラックからブラウン系の色のみの扱いなので、赤や金髪など派手な色が好みの人には向いていませんが、

自然でナチュラル系、落ち着いた色が好みの人にはとてもおすすめです。

デザインも豊富で、事前のカウンセリングも時間をかけて行ってくれるので安心。※カウンセリングではさらにたくさんの施術例の写真を見せてもらうことができます。

技術はあってもデザイン力がないとやはり失敗の原因になっていまいますからね。

銀座よしえクリニックでは、経験豊富な施術者が、その人の骨格や眉の動きやクセなどをひとつひとつチェックし、一緒に確認しながら、下書きから丁寧に行ってくれるので、納得して施術を受けることが出来ます。

施術中も一気にすべて入れてしまうのではなく、都度一緒に鏡を見ながら少しずつ入れてくれるのでとても安心。

また、塗るタイプの麻酔を使用するので施術中はほとんど痛みを感じずストレスもありません。

料金は2回セットで8~12万円ですが、再施術は2年以内なら3万円と、最新の技術でありながらトータル的にかなりお手頃なのも魅力。

ちなみに、マシンと手彫りを選ぶことが可能なので、ペンシルで描いたようなテイストが欲しい人はマシン彫りを選ぶといいでしょう。

執筆にあたり、実際に筆者も銀座よしえクリニックでアートメイクを受けましたが、とても自然な仕上がりになり大満足しています。

アートメイクをどこで行ったらいいのか迷っている人、
特に、すっぴんとの違和感や、何より不自然さが心配という人はこちらのクリニックがおすすめですよ。

銀座よしえクリニック【公式ページ】

湘南美容クリニックの3D・4Dアートメイクも人気

また、最近では湘南美容外科の3D・4Dアートメイクもレベルが高く人気。

湘南美容クリニックのアートメイク症例↓
湘南美容クリニックアートメイク症例湘南美容クリニックアートメイク症例5
湘南美容クリニックアートメイク症例2湘南美容クリニックアートメイク症例3

湘南美容外科といえば大手の有名美容外科ですが、アートメイクにおける技術も高く2D(マシン彫り)、3D(手彫り)、4D(手彫り+マシン)から、予算やなりたいイメージに合わせてメニューを選ぶことができます。

湘南美容外科のアートメイクメニュー

  • 2D(マシン彫り)
    89,620円(2回)71,690円(2回)
  • 3D(手彫り)
    89,620円(2回)71,690円(2回)
  • 4D(手彫り+マシン)
    120,180円(2回)96,140円(2回)

特に3Dパウダーと4Dストロークを合わせた「4Dストロークパウダー+マイクロブレーディング」は自然すぎると話題。

現在キャンペーンを行っているので、お得にアートメイクを受けたい人はチャンスです!

湘南美容クリニック【公式ページ】

Mビューティークリニックのこだわり抜いた4Dストロークも要チェック

Mビューティークリニック症例1

Mビューティークリニック症例

こちらのクリニックは、施術者のランクごとに料金が異なるシステムを導入しています。

施術者の技術やレベルをハッキリ明記してほしい、値段相応の仕上がりにしてほしい、納得して施術を受けたいという人におすすめ。

最高レベルのプラチナアーティストの施術は148,000円(2回セット)と相場よりややお高めですが、技術やセンスは間違いありません。

筆者の知人(女性と男性)もこちらのクリニックでプラチナアーティストの施術を受けたばかりですが、圧倒的な仕上がりの違いに感動していました。

知人A(40代 女性)↓
Mビューティークリニックビフォーアフター

知人B(30代 男性 営業職)↓
Mビューティークリニック症例メンズアートメイクビフォーアフター

パッと見、お値段がネックではあるのですが、一度受けると感動の仕上がりになり満足度は非常に高いです。

これまでどのクリニックに行っても満足いかなかった人、ミクロ単位でこだわりのある人は、最高レベルのプラチナアーティストの施術をぜひチェックしてみてください。

Mビューティークリニック【公式ページ】

 

 

 

コメントを残す

*

3Dアートメイク体験してきましたバナーpc