京都でアートメイクするならココ!おすすめクリニック比較&解説!

京都アートメイク比較
アートメイクナビ編集部
アートメイクマニア

アートメイクマニアです。
京都のアートメイククリニックを調査&解説しています。

最近のアートメイクって、まるで本物の自眉のような仕上がりになるのが魅力です。

今はメイク感覚で入れる人も増えてきましたよね。

ですが!

クリニック選びを失敗する人、けっこういます。

実は、技術不足のクリニックもたくさんあるからです。

そこで今回は、アートメイクマニア歴10年の筆者が、ハイクオリティかつコスパがいい京都のアートメイククリニックをリサーチ&厳選してお伝えします。

この記事では、以下をポイントにまとめています。

  • ・似合う眉毛のデザインは?
  • ・各クリニックのおすすめポイントと解説
  • ・失敗しないための注意点

アートメイクが気になってるけど失敗が怖い、昔にやったアートメイクの仕上がりに満足できなかった、という人も自分にピッタリのアートメイククリニックを見つけてもらえればと思います^^

※当サイトでは、医療従事者による施術の表記を確認できたアートメイククリニックのみ掲載しております。

2022年1月13日

2D眉3D眉4D眉・・自分にはどのデザインが似合う?

アートメイクでよく目にする『3D眉』や『4D眉』。

これらの名称は主に眉毛アートメイクの施術名(メニュー名)として使われているのですが、

基本的には、以下3つのデザインに大別できます。

「パウダー」
「毛並み」
「毛並み+パウダー」

各クリニックで独自にいろんな名前をつけていますが、基本的にどのクリニックもこの3つのデザインが使われます。

3つのデザインパターンの違いを理解しておくと、自分にぴったりのデザインが分かりイメージを伝えやすくなります。

パウダー眉

通称『2D眉』『3D眉』『デジタル眉』『パウダー眉』『ふんわり眉』などと呼ばれます。
マシン彫り
アートメイク専用のマシン、もしくは手彫り針を用いて、ドットを細かく打っていく手法。

仕上がりは、眉毛ペンシルで描いたような、ふんわりした印象の眉毛に仕上がります。

メイク感が強めな感じが好きな人におすすめです。

マシン彫りの場合は皮膚を大きくなぞるように入れていくので、次にお話しする「毛並み眉」に比べて比較的短時間の施術で済みます。

毛並み眉

通称『3D眉』『4D眉』『6D眉』『毛並み』『○○ストローク』『マイクロブレーディング』などと呼ばれます。
毛並み
アートメイク専用の針を使って眉毛を一本一本描いていく、近年最も人気の高い手法です。

一昔前のマシン彫りのようなのっぺり肌に乗せたような感じはなく、毛並み眉は、自眉のようなナチュラル感を演出できるのが特徴で『メイクにも美しく映えて、でもスッピン時にも違和感のない眉毛』を目指したい人におすすめ。

元から生えているような自眉感を再現できるため、たとえばメイクをしない男性であっても違和感のないほどの仕上がりになるのが特徴です。

※ただし、自然な毛並みを演出するには高度な技術が必要とされます。毛並み眉はクリニックのレベルが問われる手法でもありますので、クリニックを選ぶ時には注意が必要。

パウダー+毛並み眉

通称『4D眉』『毛並みパウダー』『デジタル+毛並み』『オーダーメイド眉』などと呼ばれます。
パウダー+毛並み
上記の2つ(パウダーと毛並み)を組み合わせた手法。毛の無い肌の部分には2つの技術を組み合わせることで、毛並みだけの施術よりも立体的に仕上げることができます。

特に毛のない部分が多い人、無毛症の人におすすめの手法です。

毛並み眉の技術はクリニックによってかなり差がある

毛並み眉の説明で少しお話ししましたが、

毛並み眉をしたい場合の注意点としては、「使用されている針の太さや彫る技術によって、仕上がりが大きく異なる」という点です。

最近のアートメイクの中でも比較的新しい技法ということもありますが、マシン彫りのパウダー眉に比べて、毛並みは高い技術とセンスが必要になってくる手法です。

例をあげます。

毛並み眉の例1

アートメイク眉毛並み例

毛並み眉の例2

アートメイク眉毛並み例◎2
1枚目と2枚目は同じ毛並み眉なのですが、ストローク(線)の太さの違いで、まったく仕上がりが変わって見えると思います。

そして、毛並みを演出する技術って割と繊細で、やはりセンスのいい施術者ほどナチュラル感は高くなります。
(絵画でも人の毛をリアルに描くって結構難しいですよね。)

毛並み眉のアートメイクで失敗する人は、だいたいこのパターンが多いです。眉の形自体は満足なんだけどなんか不自然だよね。。と。

毛並み眉は

  • ストローク(線)の太さ
  • 自然な毛並みのデザイン技術

がポイントになります。

こうした注意点はありますが、上手なクリニックであれば本当に自眉のような仕上がりになるので感動します。

たとえば、超極細のニードルを使った6D眉を取り入れている『メディカルブロー京都院』では、眉毛アートメイクに関しては毛並み眉”だけしか”受け付けていません。(パウダー眉は行っていません。)

毛並み眉一択ですがある意味”毛並み眉は超一流”なので、「自然でナチュラルな眉毛」を求める人には一番合っていると言えます。

※料金プランはいくつか選べますが、1回22,000円という料金クラスは練習生なので、高いクオリティを求める人は一定のランク(ロイヤルアーティスト)以上の施術者を選ぶのがいいです。
メディカルブロー大阪
メディカルブローの詳細はこちら⇒メディカルブロー公式HP

次項では、メディカルブローも含め、京都で人気のメディカルアートメイククリニックをご紹介していきます。

各クリニックの特徴や料金も併せて記載していますので、クリニック選びが難しいという人は参考にしてみてください。

京都でおすすめのアートメイククリニック

ここから、京都府内のメディカルアートメイククリニックをご紹介していきます。

技術、センス、色の持ち、人気、評判、口コミ評価など、総合的に評価の高いクリニックを、厳選しています。

なお、眉毛のアートメイクは基本的に2回入れることでしっかりと定着します。

施術後のダウンタイム目安は1週間程度、1回目を終えてから1~2ヶ月後に、2回目の施術を行う流れになりますので予定のある人は逆算しておくといいですよ。

ほとんどのクリニックでは2回セットが基本になっているので、料金もその辺りを踏まえてチェックしてみてください。

※価格は全て税込み

メディカルブロー京都院

メディカルブロー
6Dストローク眉
(トレイニー)
22,000円(1回)
6Dストローク眉 55,000円~
187,000円(2回)
アイライン
(上)
66,000円~
88,000円(2回)
アイライン
(下)
60,500円~
77,000円(2回)
リップ 115,500円~
132,000円(2回)
ヘアライン 88,000円~

medicalbrows.jp
京都府京都市下京区真町88 ユーイットゥ池善ビル7F

年間の症例数30,000以上のアートメイク専門クリニック『メディカルブロー』の京都院。

毛並み眉アートメイクはまず間違いないクリニックです。

メディカルブロー独自の最新6Dストローク眉は、超極細の専用ニードルを使用していて、これまでにないナチュラルさと美しさを表現した眉を造ります。

施術者のレベルごとに料金プランを分けた『8段階のランク別システム』を導入していますが、

最高ランクじゃなくとも、ロイヤルアーティスト(2回99,000円 税込)などの中堅クラスでも十分満足度が高いのも特徴で、コスパ重視で選んでも◎です。

実際の利用者からも「やってよかった!」の声がとても多いクリニック。

他にも人気のアイラインやリップ、ヘアラインなど幅広いお悩みにも対応していてオススメです。

初診料、麻酔代、薬代が全部込み込み価格で明朗会家なのも嬉しいですね。

メディカルブロー京都院【公式ページ】

エルムクリニック京都院

美容皮膚科エルムクリニック京都院
毛並み眉 69,800円(1回目)
49,800円(2回目)
パウダーブロウ 69,800円(1回目)
49,800円(2回目)
毛並み+パウダーブロウ 79,800円(1回目)
59,800円(2回目)
アイライン
(上)
29,800円(1回目)
24,800円(2回目)
(※テール不可)
アイライン
(下)
29,800円(1回目)
24,800円(2回目)
フルリップ 89,800円(1回目)
79,800円(2回目)
ほくろ 15,000円(1個)
10,000円(2個目以降)

elm-clinic.jp
京都府京都市下京区寺町通四条下る貞安前之町594

医療レーザー脱毛や美容点滴、シミ・シワ治療などの施術も提供している美容皮膚科クリニック。京都河原町駅の藤井大丸裏手にあり、バスでも電車でもアクセスしやすい立地です。

アートメイク技術は医療アートメイクスクールBio-Touch Japanの米国式テクニックを採用していて、高度な技術を習得した医療従事者が担当。

立体的かつ自然で本物の眉に近い仕上がりにするために、2回~3回に分けた施術で色や形を整えていきます。

毛並み眉、パウダーブロウ、毛並み+パウダーブロウと3種類の施術の組み合わせがあり、自眉に近いデザインからメイクに近いデザインまで質感を選べます。

エルムクリニックは眉アートメイクの他にも、パラメディカルアートメイク(乳房・白斑・薄毛・傷痕を医療アートメイクでカモフラージュ)も提供しています。

パラメディカルアートとは、乳房再建・外傷・火傷・先行的な皮膚疾患・薄毛・白斑などの手術では再建が困難な治療をアートメイクの技術を用いて行う最先端の治療です。

エルムクリニック京都院【公式ページ】

大西皮フ科形成外科医院

大西皮フ科形成外科医院

(4Dプラス)
88,000円(1回)
55,000円(2回目)
132,000(2回セット)
アイライン
(上)
55,000円(1回)
33,000円(2回目)
アイライン
(下)
33,000円(1回)
22,000円(2回目)
アイライン
(上下)
77,000円(1回)
44,000円(2回目)
アートメイク除去
(眉)
5,500円(片眉1回)
22,000円(全体1回)
アートメイク除去
(アイライン)
11,000円(片目上下いずれか)
22,000円(片目上下)

onishiskinclinic.com/index.html
京都府京都市下京区長刀鉾町31 四条ビヨンドビル5F

大西美容形成クリニック京都四条烏丸院は、医師の丁寧な説明と診察、レセプションの方々の接客の良さなどアートメイク以外も良い口コミが多く、悪い口コミの見当たらない美容クリニック。

導入しているメディカルアートメイク技術は、マイクロブレーディングとマイクロシェーディングと言われるパウダー状に色素を入れるマシン技術を組み合わせた、パウダー+毛並み眉です。

アートメイクの施術は世界的に有名なPhi Browsのトップアーティストに師事する確かな技術を持つスタッフが担当。

眉とアイラインのアートメイク除去もおこなっているので、過去のアートメイクの失敗を入れなおしたい人の利用も多いようです。

クリニックは烏丸駅から1分。アクセスも良いですね。

※別途初診料などの費用の記載あり。詳細はHPをご確認ください。
初診料3,300円、再診料1,650円、麻酔クリーム2,200円

大西皮フ科形成外科医院【公式ページ】

メディカルアートメイクAlicia

メディカルアートメイクAlicia
77,000円(1回目)
44,000円(2回目)
99,000円(2回セット)
アイライン 44,000円(1回目)
33,000円(2回目)
22,000円(3回目)
ほくろ 11,000円(1ヵ所)
※オプションとして

aliciaartmake.wixsite.com/website
京都府亀岡市古世町1-4-5 石﨑医院1F

眉アートメイクはマイクロブレーディング技法を採用。カウンセリングを通してじっくりと希望に合わせたデザインの提案をすることでも評判で、オーナーアーティスト藤原さん含め、アートメイク年間施術数も多数の実績を持つクリニックです。

記載の眉アートメイク料金は藤原さんを指名した場合の価格になり、その他アーティストさんの料金詳細は要問合せになります。

なお、アートメイク施術は現金一括のみの取り扱いとなります。

メディカルアートメイクAliciaへのアクセスは電車を利用する場合、亀岡駅の南口から徒歩約20分。提携している内科・婦人科・美容皮膚科の石﨑医院1Fにあります。駐車場あり。

※2022年1月追記※
現在、オーナーアーティストの新規予約は3年半待ち状態のようです。

メディカルアートメイクAlicia【公式ページ】

ヴェリイ美容形成クリニック

ヴェリイ美容形成クリニック
眉 2D 88,000円(2回セット)
眉 3Dグラデーション 93,500円(2回セット)
眉 マイクロブレーディング 115,500円(2回セット)
眉 4D 137,500円(2回セット)
アイライン
(上)
60,500円(2回セット)
アイライン
(下)
60,500円(2回セット)
アイライン
(上下)
104,500円(2回セット)
リップ
(リップライン)
93,500円(2回セット)
リップ
(フルリップ 2D)
137,500円(2回セット)
リップ
(フルリップ 3D)
151,800円(2回セット)

very.ne.jp京都府京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町717-1 京都駅前ビルB1F

京都駅A5出口から目の前にある形成皮膚科クリニック。院長はKBS京都ラジオ「梶子のビュティーライフ」の美容対談コーナーに毎週出演中で、美容整形や各種美容治療の医院としても有名です。

アートメイクは日本メディカルタトゥ協会の認定を受けた看護師が施術担当。

本格的にアートメイク施術プランをスタートしたのは2021年末からのようですが、スタート前からfacebookなどでミーティング風景や施術の様子を後悔したりと、とてもオープンな雰囲気のクリニックです。

ヴェリイ美容形成クリニックのアートメイクプランはどの施術も2回セットになっており、1回目で全体バランスを見ながらデザイン・色入れを行い、2回目以降でその濃さや形を定着させていきます。

※別途初診料3,300円の費用の記載あり。詳細はHPをご確認ください。

ヴェリイ美容形成クリニック【公式ページ】

くみこクリニック
四条烏丸院・京都駅前院・北山院

くみこクリニック四条烏丸院
77,000円(1回目)
33,000円(2回目)
アイライン上のみ 66,000円(1回目)
22,000円(2回目)
アイライン下のみ 38,500円(1回目)
22,000円(2回目)
アイライン上下 88,000円(1回目)
44,000円(2回目)
眉・アイライン上 121,000円(1回目)
49,500円(2回目)
眉・アイライン下 110,000円(1回目)
49,500円(2回目)
眉・アイライン上下 143,000円(1回目)
71,500円(2回目)
リップ
(ふちどり)
66,000円~(1回目)
22,000円~(2回目)
リップ
(ぼかし+ふちどり)
82,500円~(1回目)
33,000円~(2回目)
乳輪(片方) 66,000円~(1回目)
22,000円~(2回目)
ほくろつけ 11,000円~(1回目)
5,500円~(2回目)

kumiko-clinic.net/art_make四条烏丸、京都駅前、北山

アートメイク施術はデザインをカウンセリング後、初回は手掘りでの施術、リタッチでは部位や仕上がり希望に合わせてマシンも併用することもあります。

なお、初診カウンセリングは状況によって細かく日程調整が必要になることが多いようなので、電話での問い合わせが確実なようです。

アートメイクの料金プランは3院ともすべて同じで、別途、施術代金に加えてデザイン・麻酔料と薬代が必要です。
(眉アートメイクの場合:デザイン・麻酔料2回目以降3,300円、薬代1,100円)

※くみこクリニックは京都に3医院あり、それぞれの最寄り駅は以下のとおりです。

・四条烏丸院…烏丸駅(18番出口)1分
・京都駅前院…京都駅(C5出口)1分
・北山院…北山駅(1番出口)3分

くみこクリニック四条烏丸院【公式ページ】

くみこクリニック京都駅前院【公式ページ】

くみこクリニック北山院【公式ページ】

深江形成整形外科医院

深江形成整形外科医院
49,500円(1回目)
30,800円(2回目)
19,800円(3回目以降)
リタッチ
(眉)
33,000円~49,500円
*他院で受けたリタッチも可
アイライン
(上)
33,000円(1回目)
22,000円(2回目)
11,000円(3回目以降)
アイライン
(下)
33,000円(1回目)
22,000円(2回目)
11,000円(3回目以降)
リタッチ
(アイライン)
11,000円~33,000円
*他院で受けたリタッチも可

fukae-clinic.or.jp/info京都府京都市下京区新町通四条下ル四条町348

深江形成整形外科医院では、美容外科によるアンチエイジング診療のほか、マッサージや美容鍼、小顔リンパマッサージなどの美容メンテナンスとしても利用できるクリニック。

眉アートメイク施術の取り扱いは「グラデーション法」「3D」「4D」さらに他院でのアートメイクのリタッチメニューもあります。

リタッチは以前入れたアートメイクが薄くなった。アイラインも入れ直したい。など『ちょっと直してもらいたい。』といった使い方もできて便利ですね。

※別途デザイン料1,100円の記載あり。詳細はHPをご確認ください。

※2022年1月追記※
現在アートメイクの予約が2ヶ月~3ヶ月先まで埋まっていて、予約の調整が難しい状況となっているようです。

深江形成整形外科医院【公式ページ】

京都のアートメイククリニック一覧比較

ここまでご紹介したクリニックをおすすめ順にまとめます。

眉毛アートメイクのデザイン別に料金を比較一覧にしています。

※価格は全て税込。

仕上がり→

クリニック↓

パウダーブロー
パウダー眉
毛並みストローク
毛並み眉
毛並み+パウダー
パウダー+毛並み
費用備考
メディカルブローlogoメディカル
ブロー
6D眉
人気オススメ♪
22,000(1回)
187,000円(2回)
エルムクリニック
エルム
クリニック
パウダーブロー
69,800(1回)
119,600円(2回)
毛並み
69,800(1回)
119,600円(2回)
毛並み+パウダーブロー
79,800(1回)
139,600円(2回)
大西皮フ科形成外科医院ロゴ大西皮フ科形成
外科医院
4Dプラス
88,000(1回)~
132,000円(2回)
初診料3,300円
再診料1,650円
麻酔クリーム2,200円
ヴェリイ美容形成クリニックロゴヴェリイ美容形成
クリニック
2D・3Dグラデーション
88,000(2回)~
93,500円(2回)
マイクロブレーディング
115,500円(2回)
4D
137,500円(2回)
初診料3,000円
メディカルアートメイクAliciaロゴメディカルアート
メイクAlicia

77,000(1回)~
99,000円(2回)

77,000(1回)~
99,000円(2回)

77,000(1回)~
99,000円(2回)
現金一括払いのみ
くみこクリニックロゴくみこ
クリニック

77,000(1回)~
110,000円(2回)

77,000(1回)~
110,000円(2回)

77,000(1回)~
110,000円(2回)
デザイン・麻酔料3,300円(2回目以降)
飲み薬・塗り薬代1,100円
深江形成整形外科医院ロゴ深江形成
整形外科医院
グラデーション法
49,500(1回)~
80,300円(2回)
3D
49,500(1回)~
80,300円(2回)
4D
49,500(1回)~
80,300円(2回)
デザイン料1,100円

京都で眉毛アートメイクしたいなら特におすすめ3選

眉・アイライン・リップ、のアートメイクの中でも一番人気の部位が「眉毛」

眉毛は顔の額縁とも言われており、非常に重要なパーツです。

眉のアートメイクは一度入れると2~3年は落ちないので絶対に失敗しないよう、クリニック選びは慎重に行いましょう。

前述で挙げた京都でアートメイクできるクリニックの中から、価格、デザイン、技術力(3D、4D、6D、自然さなど)もポイントに、眉毛のアートメイクで特におすすめの3院を厳選していますので参考にしてみてください。

メディカルブロー京都院

メディカルブロー
6Dストローク眉
(トレイニー)
22,000円(1回)
6Dストローク眉
ランク別による
55,000円~
187,000円(2回)

medicalbrows.jp
京都府京都市下京区真町88 ユーイットゥ池善ビル7F

メディカルブロークリニックは最先端のアートメイク技術を用いた『6Dストローク眉』を独自に開発。
これまでにない超極細の専用ニードルを用いることで、元から生えているようなより自然な毛並み感の再現が人気です。
2回55,000円からお得に受けられ、アートメイクが初めての人にもおすすめ。芸能人やモデルも多く通う実績の高いクリニックです。

メディカルブロー京都院【公式ページ】

エルムクリニック京都院

エルムクリニック症例
毛並み眉 69,800円(1回目)
49,800円(2回目)
パウダーブロウ 69,800円(1回目)
49,800円(2回目)
毛並み+パウダーブロウ 79,800円(1回目)
59,800円(2回目)

elm-clinic.jp
京都府京都市下京区寺町通四条下る貞安前之町594

毛並み眉(自眉に近い印象)ではなく、パウダー眉(メイク感が強めな感じ)が好きで気になる方は、毛並み+パウダーブロウも選べるエルムクリニックがおすすめです。
アートメイク施術は高度な技術を習得した医療従事者が担当。
毛並みとパウダーどっちにしよう?と、施術の方法で迷っている方もクリニックの無料カウンセリングで相談できます。

エルムクリニック京都院【公式ページ】

大西皮フ科形成外科医院

大西皮膚科アートメイク症例

(4Dプラス)
88,000円(1回)
55,000円(2回目)
132,000(2セット)

onishiskinclinic.com/menu_list/artmake/index.htm
京都府京都市下京区長刀鉾町31 四条ビヨンドビル5F

パウダー+毛並み眉を導入している大西皮フ科形成外科医院。
アートメイクの他にも美容全般の様々な施術を提供していますが、総じて接客や診療の丁寧さに対して良い口コミが多いクリニックです。
アートメイク除去にも対応しているので、昔入れたアートメイクが大きく残っていて修正を相談したい人にもおすすめです。

大西皮フ科形成外科医院【公式ページ】

※クリニック情報は随時更新しています。

クリニック選びで失敗しないために気を付けたいポイント

アートメイクのクリニック選び
クリニック選びで失敗しないためには、以下の注意点を確認をしておくと安心です。

1.必ず医師または看護師在籍のクリニックを選ぶ

アートメイクは表皮に針を刺す「医療行為」にあたります。

そのため医師や看護師の資格を持っていない者が施術を行うことは、違法行為に当たります。

クリニックなどの医療機関ではない「サロン」や「個人宅」でのアートメイク施術はNG。

腫れが引かない、角膜に傷がついたなどのトラブルも過去ありましたので、検討している先が医療機関で、きちんと医療従事者が在籍し施術監修していることを確認しておきましょう。

2.資格やディプロマの表示をチェックする

アートメイククリニックを選ぶとき、ビフォーアフター写真を見てキレイ!と思っても、それが他のクリニックと比べて上手いのか下手なのか?というのは素人目には判断は付きづらいです。

写真の印象は画質や光の当て方、モニターさんの肌質などでも印象が変わりますし、少しでも良く見せるために画像が加工されていたりすることもあります。

医療従事者が条件のアートメイクですが、アートメイク自体には資格が不要ですので、自分で少し練習しただけでもアートメイクアーティストと名乗れてしまいます。

ただし、アートメイクには国内外に専門のスクールがあるので、その修了を表す意味のディプロマ(卒業証明書や業績証明書)を取得しているかどうかで、一定のレベルであるかを判断することができます。

クリニックを選ぶ際は、

  • ○○認定取得
  • ○○の資格取得
  • ○○ディプロマ取得

という記載があるかをひとつの基準として見ると安心です。

アートメイクに対して力を入れているクリニックであれば、最低でもこういった資格・ディプロマを取得しています。

3.希望のデザインパターンがあるクリニックを選ぶ

例えば、眉毛アートメイクであれば、パウダー眉、毛並み眉などのデザインがありますが、

「毛並み眉をしたかったのに実際に行ってみたらパウダー眉しか扱っていなかった」という事が起こる場合もあります。

事前にクリニックのHPでどんな施術を採用しているか確認しておくのと併せて、希望の質感デザインの取り扱いが有っても、そのデザイン技術が高いのかどうかも見極める必要があります。

技術力の高さについては、前述の通り、症例写真を事前にチェックしておくことで失敗を防ぐ事ができます。

4.麻酔の有無を確認しておく

アートメイクは、浅い部分とはいえ針を皮膚に刺していく行為なので、個人差はありますが多少の痛みは伴います。

麻酔なしでも平気な人も中にはいますが、痛みが心配な人は事前に麻酔を行ってくれるクリニックかどうかもしっかり確認しておく事が大切です。

※ほとんどのクリニックでは事前に麻酔を行うところが多いですが、記載が無ければ問い合わせの段階で確認しておくと確実です。

5.カウンセリングで納得できなければきちんと断る

ホームページを見て良さそうと思って実際に行ってみたけど、気になっていたことや不安を解決できない、カウンセリングを受けてなんだかしっくりこない、そういった場合は遠慮せずに断りましょう。

特に、カウンセリングで事前に症例写真を見せてくれなかったり、症例の数が少なかったり、質問に対しての回答があやふやだったりする場合は、施術に自信があると思えません。

アートメイクは一度入れると完全に消えるまでには10年単位で時間がかかります。人によっては一生残る場合もあります。

(2~3年もつ、と言われているのは、キレイな状態での2~3年という意味で、完全に消えるという意味ではありません。)

また、一度入れると消すのにはもちろんお金もかかりますし、レーザーなどで消す場合は皮膚が変性してしまう可能性も。

納得できない場合は「悩んでいるので一回持ち帰ってもいいですか」など、きちんと断ることが大切です。

アートメイクデザインの後悔しない選び方

アートメイクデザイン選び
アートメイクをするには、今の自分の眉毛を変えたいという人がほとんどだと思いますが、眉毛の形や質感をオーダーする際には、以下の点に注意てしておくと長期的にも後悔のない仕上がりにする事ができます。

1.今の流行メイクを追いすぎない

メイクの流行は年々変わっていきますし、それと合わせて眉毛の流行も同時に変化します。

顔全体の印象に大きな影響を与える眉毛。

今は太眉が流行っていても、時代の流れと共にまた細眉が流行したりも十分あり得ます。

アートメイクマニアが学生の頃には、安室ちゃんなどの細眉全盛期でした^^;

なのでいずれまた、細眉が流行る時代もくるかも知れません。

アートメイクは、薄くはなっても完全に消えることは稀です。

眉毛は時代の流行の邪魔にならない程度に入れておき、長い目で見て無理のないデザインで入れておくのがベストです。

2.自眉毛のカタチを大きく外し過ぎない

人の顔は年々変わっていき、歳を重ねるごとに皮膚もちょっとずつ下がっていくのが自然です。

そのため、その時の気分で眉尻を長くしすぎたり、眉頭を必要以上にくっつけたりすると、時間が経ってきたときに違和感が出るようになります。

最近はアイラインの目尻の跳ね上げアートメイクも流行っていますが、個人的にはお勧めしません。

眉尻も目尻も年齢に合わせて下がってきますし、それこそ「ナチュラルメイクにチェンジしたのに、アートメイクを大胆なデザインにしたせいでそこだけ浮いてしまう」というユーザーの声もありました。

自眉の面積が少なくてアートメイク施術面積がどうしても広くなってしまう方でも、信頼できるアーティストさんに「流行に左右されない、長く付き合っていけるデザイン」を提案してもらうことが大切です。

3.色に迷ったら暗めじゃなく明るめのカラーで入れる

アートメイクカラー決め

眉毛アートメイクは、瞳の色や髪の毛の色にカラーを合わせて色選びすることがほとんどです。

ただ、アートメイクは一度暗い色入れてしまうと、「やっぱり明るくしたい!」と思っても変更する事ができません。

反対に明るい色から暗い色にはチェンジできます。

ですので、これから髪の毛を明るくしようと思っている人は、いま黒髪でも少し明るめの色で入れておくと安心ですし、

微妙に違う2つの色で迷った時には、ひとまず明るい方の色で入れておくのがオススメです。

一度入れてみて、1ヶ月ほど時間を経過させ、インクの馴染み具合をみて、ダウンタイム後の2回目で調整するのがベストです。

京都でアートメイクできるクリニックまとめ

この記事では、京都でメディカルアートメイクできるクリニックをまとめました。

クリニック選びやデザイン選びは、初めてだと迷ってしまう人も多いと思います。

幸いなことに京都はクリニックの選択肢が多いので、納得できなければそのまま入れてしまわず一旦持ち帰ることが全然できます。

カウンセリングではデザインパターンの見本や症例、あなたに合った黄金比の説明なども聞けますし、「この人が良さそう」といった担当さんの雰囲気も大事だと思います。

眉毛のメイクは「うまく書けない」「毎日微妙に完成度にムラが出る」「ホントにこれが一番似合ってるか自信が無い」など悩みがつきもの。

クリニックに行った際は日ごろのメイクの悩みを話して、理想の眉デザインを見つけてもらうのもおすすめですよ!

 

京都のおすすめクリニック比較表にもどる >>

コメントを残す

*

アートメイク東京おすすめ9選バナーpc