【メイクに気合いが入るのはいつ?】女性500人アンケート調査

メイクに気合いを入れる時

「華やかな場所に行く」「好きな人に会う」など楽しみにしている予定があるときには、自然とメイクに気合いが入る人も多いのではないでしょうか。

「今日はいつもより可愛くキレイでいたい」という気持ちは、メイクや服装に現れますよね。

今回は10代以上の女性500人にアンケートを実施。

「メイクに気合いが入るとき」「こだわっているパーツ」について聞きました。

【調査概要】
  • 調査対象:全国の10代以上の女性
  • 調査日:2022年5月18日~19日
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 調査人数:500人
  • 年代:10代 0.6%/20代 32.0%/30代 43.6%/40代 18.0%/50代以上 5.8%

メイクに気合いが入るのは「デートするとき」

10代以上の女性500人に「メイクに気合いが入るとき」を聞いたところ、回答は以下のようになりました。

メイクに気合が入るとき

1位になったのは「デートするとき(153人)」です。

2位「友人に会うとき(136人)」、3位「久々に知り合いに会うとき(67人)」と続きます。

「デート」がダントツトップかと思いきや、「友人に会うとき」「久々に知り合いに会うとき」など、同性の目を気にしている女性も多いようです。

また「子どもの学校行事」「冠婚葬祭」などフォーマルな行事の際、メイクに気合いを入れる人も目立ちました。

では具体的な回答を紹介します。

1位 デートするとき

少しでも可愛いと思われたいし、外でデートをするときは写真を撮る機会も多いから(20代)
「メイクが可愛い」と思われたいし、メイク崩れなどを気にして遊びたくないから(30代)

1位は「デートするとき」です。

好きな人と会うときは、少しでも可愛い自分を見せたいという声が多数。

そのためいつもより入念にメイクする人が多いようです。

デート中に写真を撮ることが予想されるなら、いい姿を残すためになおさら気合いが入りますよね。

2位 友人に会うとき

女友だちと出かけるときの方が、自分の好きなコーディネートやメイクでお出かけできるので気合いが入ります(20代)
女性同士なのでお洒落して遊びたいから(30代)
女性はメイク道具やテクニックに詳しいので、女同士だと自分もついつい相手のメイクを見てしまうから(30代)

2位は「友人に会うとき」。

「おしゃれな友達に褒められたい」「友達に負けられない」という思いがあって頑張る女性が多いようです。

友達から「キレイ」「そのメイクアイテム、どこの?」なんて言われたら嬉しいですし、話も弾むでしょう。

「男性ウケ」「オフィス仕様」のメイクから解放されて、気合いが入る人もいるようですね。

3位 久々に知り合いに会うとき

久しぶりに会うのが楽しみで、自然と気合いが入るから(20代)
「変わらない」もしくは「キレイになったな」と思われたいから(30代)
若い頃を知られているので、あんまり老けて見られたくありません(40代)

3位は「久々に知り合いに会うとき」です。

30代以上の女性からは、「自分の学生時代を知っている人から、老けて見られたくない」という意見が多数寄せられました。

同窓会などで「みんな若々しいのに、自分だけ老けてるみたい…」と感じるのはイヤですよね。

若い世代だと「垢抜けた、キレイになったと思われたい」という声も多くありました。

4位 旅行・遠出するとき

楽しみな気分だと、メイクにも気合いが入るため(20代)
丸一日外に出るので、人目が気になるからです(30代 )
いつもは日焼け止めと口紅だけだから、ちょっと出掛けるときはおもいっきりメイクして楽しみたい(30代)

4位は「旅行・遠出するとき」です。

普段とはちょっと違う特別なお出かけだと、メイクにも気合いが入るものですよね。

キレイな自分でいると、旅行やお出かけがさらに楽しくなり、気分良く過ごせそうです。

また「旅行や遠出すると、写真を撮るから」「一日中外で過ごすから」という意見もありました。

5位 子どもの幼稚園・学校行事

子どもの晴れ舞台なので、周りから浮かないようにするため(20代)
たくさんのママがイベントに参加するので、負けないように気合いを入れます。美人なママさんに会うと、良い刺激をもらえます(30代)
子どもの評価に影響しそうだから。厚化粧はNGだし、不健康そうな見た目もよくないから、ちょうど良い感じのメイクを心がけている(40代)

「子どもの幼稚園・学校行事」が5位です。

理由として目立ったのは「身だしなみをきちんとして、浮かないようにしたいから」でした。

たくさんの保護者が集まりますから、「あの子のお母さん、なんだか変」とは思われたくないですよね。

そのため気合いをいれるといっても、派手なメイクにするのではなく「清潔感」「きちんと感」を大切にしている人が多いようです。

6位 イベントのとき

素敵な人に会いに行くので、1番素敵な自分でいたいから(20代)
推しは海外俳優なので、映画を見るときはガンガンにメイクします。推しも気合いをいれて映画を撮っているので、こちらも気合いを入れなければ失礼です(20代)
推しにはオシャレして会いたいし、他のファンもオシャレしてくるので負けたくない(30代)

6位は「イベントのとき」でした。

具体的なイベントとしては「コンサート・ファンミーティング」「スポーツイベント」「観劇」などが挙がっています。

いわゆる「推し活」をしている女性からの意見が多くなりました。

「好きな芸能人や応援している選手とちょっとでも目が合うかも」などの期待から、気合いをいれるようですね。

7位 冠婚葬祭に出席するとき

お祝いごとなので、気合いが入っていないと失礼な気がするから(20代)
周りの人も着飾っているので(30代)
少しでも身綺麗にして場を盛り上げたいから(50代以上)

7位は「冠婚葬祭に出席するとき」です。

とくに結婚式・パーティーを挙げた人が目立ちました。

女性は結婚式で華やかな服装をするため、メイクにも気合いが入りますよね。

さすがに結婚式でスッピンだと、周りから浮いてしまう可能性があります。

また「写真を撮るので気合いが入る」という人も多くいました。

同率7位 出勤するとき

ばっちりメイクしてお客さんに接したいので(20代)
メイクでプライベートと仕事の切り替えができる(30代)
人から見られることの多い仕事だから(40代)

同率7位は「出勤するとき」です。

同僚や取引先にきちんとした印象を与えるため、仕事用メイクに気合いを入れる人も多数。

会議やプレゼンがある日だととくに気合いが入りそうです。

「写りが悪く見えるのはイヤだから」と、オンラインミーティング時に気合いを入れてメイクする人もいました。

メイクで最もこだわるのは「目」

10代以上の女性に「メイクで最もこだわるパーツ」を聞いたところ、回答は以下のようになりました。

メイクでこだわるパーツ

1位になったのは「目(362人)」です。

2位「眉(120人)」、3位「ベース・肌(77人)」と続きます。

圧倒的にアイメイクにこだわるという人が多いという結果ですね。

「眉」と答えた人も多く、顔の上部にこだわっている人が多いとわかります。

では具体的な回答を紹介します。

1位 目

アイメイクだけで印象がかなり変わるので(20代)
目が小さいから、ちょっとでも大きく見られたい(30代)
目もとでだいぶ雰囲気が変わるので、ナチュラルにしたり少し濃いめにしたりと、TPOでメイクを変えています(40代)

ダントツの1位は「目」です。

「目は口ほどにものを言う」という言葉があるとおり、目は顔の中でも印象の強い部分だからでしょう。

アイシャドウの色を変えたりアイラインを入れたりするだけでも、大きく印象が変わりますよね。

「マスカラ」「アイシャドウ」「アイライン」など使うアイテムが多く、繊細な作業が求められるので、「一番メイクに時間がかかるパーツ」という人も多いでしょう。

2位 眉

意外と眉毛で印象が決まるから(20代)
眉毛を描くのが下手だとよく言われるので、時間をかけて丁寧に書くようにしています(30代)
素のままだと眉の形が変なので、丁寧に書いています(40代)

2位は「眉」。

実は眉も、顔の印象を左右する重要なパーツです。

眉の形によっては、頼りない印象になったり、顔全体のバランスが整わなくなったりしてしまうことも。

「眉を描くのが苦手」「自眉の形が気に入らない」という理由で、時間をかけて眉メイクしている人も目立ちました。

3位 ベース・肌

肌がキレイに見えるだけで、清潔感があるから(20代)
クマやそばかすなど、コンプレックスが多い箇所です。そのため、ベースをしっかりします。(30代)
肌が綺麗だと、他のパーツのメイクも映える(30代)

3位は「ベース・肌」です。

顔の土台を重視しているという人も多くなりました。

とくに「そばかす」「しみ」「色ムラ」などで素肌に自信がない人は、ベースメイクにこだわっているようです。

「色の白いは七難隠す」という言葉があるように、肌がキレイだと顔全体の雰囲気が明るくなって他パーツのメイクもキレイに見えます。

4位 唇

血色が悪いから(20代)
口紅を塗るだけで顔色がパッと明るくなり若々しくなるから(30代 )
年齢が出やすい場所なので(40代)

4位は「唇」です。

唇の色が悪いと、顔全体の血色感が悪く見えることもあります。

唇の端はくすみやすいこともあり、リップメイクなしでは年齢を感じることも。

そのため「元気に見せたい」「年齢をカバーしたい」という理由でリップメイクにこだわっている人も多くなりました。

5位 鼻

顔の真ん中で、目立つパーツだから(20代)
鼻筋が低いので、自然に高く見えるように鼻筋にシャドーやハイライトを入れている(30代)
小鼻。肌質からくずれやすいため(50代以上)

「鼻」が5位です。

「大きい」「低い」「団子鼻」など鼻にコンプレックスがある人も多いのではないでしょうか。

また鼻は「いちご毛穴」などと言われるように、毛穴が目立ちやすいパーツでもありますよね。

そのため鼻メイクにこだわっている人も多くなりました。

鼻筋や周りにハイライトやノーズシャドーを入れると、目鼻立ちがハッキリして見えます。

同率5位 チーク・頬

血色があまり良くないように見えるようで、人から「貧血?」と聞かれることがたびたびあって、気にするようになった(30代)
明るく見えるようにしたいから(40代)
顔色がくすんでいるので、付けると血色がよくなるから。チークを付けると他のパーツは適当にしても「ちゃんとしてる感」が出ると思う(40代)

「チーク・頬」も同率5位。

「チーク」と答えた7人中4人が40代と、回答者の年齢層はやや高めでした。

肌のくすみが気になる大人世代は、チークにこだわるのかもしれません。

チークにはオレンジ系やピンク系などさまざまな色がありますので、「肌の血色の悪さ」に悩んでいる人は、似合うチークを探してみてはいかがでしょうか。

メイクとは「気分が上がるもの」

10代以上の女性に「あなたにとってメイクとはなんですか」と聞いたところ、回答は以下のようになりました。

メイクとは

1位になったのは「気分が上がるもの(105人)」です。

2位「自信をくれるもの(95人)」、3位「自分を変えるもの(93人)」、4位「マナー・身だしなみ(91人)」と続きます。

「気分が上がる」「自信をくれる」など、メイクが女性の気持ちに大きく影響していることがわかります。

「うまくメイクできた日はウキウキして、仕事にも前向きになれる」と感じる女性は多いでしょう。

また「武器」「鎧」「自分を守るためのもの」など、「メイクは社会に出るための武装」と答えた女性が多いのも印象的。

社会でさまざまなストレスにさらされる自分を守るため、「メイクで強く美しい女性に変身したい」と思うのかもしれませんね。

まとめ

今回のアンケートでは、全国の女性500人に「メイクに気合いが入るとき」について聞きました。

アンケートの1位は「デートのとき」でしたが、「友人に会うときに気合いが入る」と答えた人も多く、同性の目を気にしている人も多いとわかりました。

ある程度の年齢以上だと、同窓会などで久々に友人に会う際「老けて見られたくない」「自分だけみずぼらしく見えるのはイヤ」と思って気合いが入るようです。

また結婚式や同窓会などオシャレして出かける場合には、メイクも服に合わせるため華やかになりますよね。

気合いを入れてメイクすると気分が上がったり、自信をもてたりします。

「メイクって正直面倒」と思ってしまう人も多いですが、どうせするならポジティブな気持ちでメイクしたいもの。

1日を気分良く楽しく過ごすために、メイクの力を上手に活用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*

アートメイク東京おすすめバナーpc